ビフィズス菌は加熱や冷却しても効果はあるの?

ビフィズス菌は基本的に熱や酸に弱いといわれていますが、その効果はすべてなくなるわけではありません。
ビフィズス菌は耐熱性がないのでミルクなどを温めた場合、50度以上になると徐々に死滅してしまいます。
70度以上になると1分もたたないうちにし、ほとんどが死滅します。
そのためミルクを温める時は、50度を超えない温度が目安になります。
また加熱しても乳酸や乳糖が残っているため、整腸効果は作用しています。
乳酸の働きは腸内を酸性に保ち、善玉菌が住みやすい環境に整えて、乳糖は善玉菌のエサになることで善玉菌をふやす効果があります。
熱で死滅した乳酸菌は、腸内では食物繊維として働き腸内環境を整えています。
このようにビフィズス菌は50度以上で死滅しますが、人肌で死んでしまうことはありません。
逆に凍らせた時はどうでしょうか。
凍ることで活動を一時停止して、人のお腹の中で温められて再び活動し始めます。
乳酸菌と同じようにようにビフィズス菌は冷却、乾燥には強い成分です。
その証拠に乳酸菌の株の保存には液体窒素温度の保管されて、氷点下192度でも生きています。
家の家庭用冷凍庫の、氷点下20度ではびくともしません。
そのためフローズンヨーグルトでも、腸内に有効ということになります。

 

 

ビフィズス菌は冷凍しても死滅しない?

ビフィズス菌を始めとする乳酸菌は、細菌の一つでもありますが、冷凍しても活きているのでしょうか。
善玉菌は活きたままの状態で胃腸に届くことができれば、その効果を発揮してくれ、人体を健康にしてくれる有益な菌です。
そのため、活きたままの状態で届けることが望まれます。
果たして、ビフィズス菌を凍らせた場合は乳酸菌はどうなってしまうのでしょうか。
ビフィズス菌は、死滅実験の結果としても氷点下192度であっても死滅せず、またビフィズス菌の活動が盛んになる37度に至れば、再び活動を開始して増殖し始めます。
従って冷凍しても休眠状態になっているだけで、死滅せずに活きている特徴を持っています。
なおビフィズス菌は胃酸や熱に弱く、熱の場合は50度を超えると死滅する特徴を持っています。
空腹時にビフィズス菌を摂取するよりも食べ物と一緒に摂取する方が胃腸には届きやすく、細菌では胃液などの酸にも強いカプセル化されたサプリメントも販売されています。
それを用いることで活きたまま腸に届けることも可能となっています。

 

 

ビフィズス菌入りミルクはどんな効果がある?

乳製品の製造メーカーである雪印メグミルクは2014年3月、ビフィズス菌入りミルクを発売しました。
それまではビフィズス菌と言えばヨーグルトで摂取するものでしたが、牛乳で摂取できるという点で大きな話題を呼びました。
飲むヨーグルトとの大きな違いは、基本が牛乳なので、同時にカルシウムも摂取できることです。
また、ヨーグルトの酸味が苦手な人にも向いています。
メーカーサイトでは、牛乳とヨーグルトのいいとこどりをした、新ジャンルの飲み物として紹介されています。
気になるのが体への効果です。
この製品には、メーカー独自開発の「ビフィズス菌SP株」が使用されています。
これは同社のヨーグルト「恵megumi」シリーズで使われているものと同じで、整腸作用以外にも、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果が認められています。
従来の牛乳と比べて、乳脂肪分を約4割、カロリーを約2割カットされています。
こうしたことから、便秘はもちろん、ダイエットにも適した飲み物です。
日常的に牛乳を飲んでいる場合は、それをビフィズス菌入りミルクに置き換えるだけなので、習慣を変えることなく便秘を改善することができます。
便秘やダイエットに悩んでいる人は、この画期的なビフィズス菌入りミルクを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

抗生物質は効果を無くす?

抗生物質は以前より使われている非常に強力な薬ですが、この薬を使うとビフィズス菌の効果が無くなるということも、時折言われるようになっています。
そもそも抗生物質というのは細菌やウイルスといった微生物の繁殖を停止させ、機能を阻害する効果を持つ薬です。
だからこそ風邪などの病気になってしまった時には、症状の悪化を防ぐために処方されているのですが、この抗生物質の作用は身体に有害な微生物にだけ作用するものではありません。
基本的にどのような菌に対してでも作用を示すものになっていますから、やはりビフィズス菌に対しても効果を発揮してしまいます。
よく抗生物質を飲んだ後で下痢や便秘といった便通に関する症状が出てしまう人がいますが、これはまさに腸の中のビフィズス菌が破壊されてしまったことの影響でしょう。
だからといって抗生物質を使わない方が良いのかといわれると、それも違います。
確かに身体に対して負担をかけてしまうのは事実なのですが、それでも身体に入った細菌やウイルスを放置していた方が問題が大きいです。
まずは風邪などの病気を治すために薬を飲み、回復した後はビフィズス菌を補充して対応するようにしましょう。

 

 

こんなウェブサイトもあります

は便秘にも良いと言われていたりします。
便秘で困り果てている方は、ビフィズス菌を摂取するというのも効果が期待できます。
それでも便秘がなんとも好転しないなら、別の手法を試してみるのも価値がありますね。
例えば、便秘のお茶というものが通販で販売されていたりします。
それと、ビフィズス菌といえばヨーグルトですが、便秘に効くヨーグルトにも種類などがあります。
そういうものをチェックしてみてはいかがでしょうか?
こんなウェブサイトもあります。↓

 

ヨーグルトは便秘の解消に効かないの?

 

ヨーグルトには腸内環境を整え、腸の働きを良くする作用がありますが、市販の便秘薬などのように即効性はありません。
ヨーグルトは毎日続けて摂取ることで、お腹の調子がとても良くなり、便秘が解消されるようになります。
ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌の力は、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことで免疫力を高めたり、身体に良い影響を与えるというような、いろいろな説明をしてくれています。